活動の概要

catch-02.fw

放課後等デイサービス
<きずなクラブ・きずなクラブ府中・日々生>

放課後デイサービスとは、発達障害をもった児童を対象に日常生活に必要な能力向上や集団生活でのコミュニケーションの取り方など、社会との交流のために必要な能力を習得することを目的に療育や訓練を提供する施設です。

当施設ではグループでのかかわりや遊びを通して学べることを大切にしています。子どもたち一人ひとりの個性を大切にしながら、様々な対人関係を体験し、成功した体験を積み上げていきます。

子どもたちそれぞれの課題やニーズをつかんでいくため、聴き取りや発達検査によるアセスメントをおこない、支援の目標を立てていきます。

フリースクール
<ひびき(通信制高校サポート校)>

人とのコミュニケーションが苦手・自信がない不登校の中学生や通信制高校に通う高校生などを対象とし、仲間とのかかわりを楽しめるよう支援しています。また高校卒業後の進路や就労に向けた準備をしていくお手伝いをしています。

仲間やスタッフと日々の学習や協労体験、イベントなど様々な体験を共にしていくことを通して、将来の自分探しを応援します。人と人との出会いを大切にし、成長していけるよう支援しています。それぞれの個性を大切にし、自分らしく生きる道を共に探していきます。

人材育成
私たちは心理士、教員を目指す学生のみなさんを研修生、実習生として受け入れています。人とかかわる専門職を目標に頑張っている方が、専門的な学習とともに、早くから実際に子どもたちや保護者の皆様の声を聞き、感じ、学んでもらうことが地域教育の質を向上させることにつながると考えているからです。子どもたちのこころや発達について一緒に学んでいきたいのです。
職員も学会やセミナーなどへの参加、社内勉強会の開催などを積極的におこない、研鑽に努めています。

勉強会などの開催
勉強会保護者や家族の方、地域の行政、医療、福祉、教育にかかわる皆様に発達障害や不登校に関する知識や対応方法などを学べる場として、保護者会や学習会などを開催しております。
◆ 安芸地区いろは学習会
◆ 思春期児童の親と子どもの悩みを共有する会(共催)
  その他、保護者会などを定期的に開催しています。

ページ上部へ戻る