日々生(ひびき)

日々生(ひびき)

日々生(ひびき)の特色

日々生は中高生に特化した支援を行っています。中高生は思春期にあたり、身体の成長と精神面での成長がバランスを崩しやすく、様々な問題が生じやすい時期です。日々生では、それぞれの発達段階に応じた支援を提供しています。それぞれの得意さや苦手さを見極めて、苦手さを補いながら、得意なところを伸ばしていく関わりをしています。また、SST(ソーシャルスキルトレーニング)を行い、コミュニケーション能力や生活学習力を高める指導をしています。

・人と協力することを学ぶSST(協労体験)
協労体験協労体験とは、小集団で製品を作り上げる作業を、それぞれの個性を認め合い協力しながら行うことです。将来社会に出た時に、一人ひとりの力として役立つことの目的として行っています。
協労体験では、様々な役割を作っており、多くの人が参加しやすいように構成しています。自分のできるところや得意なことを生かせるところに、参加することで他の人と協力する体験の積み上げをします。

 
 
 

協労体験協労体験では、様々な要素を伸ばす体験をします。例えば、決められた時間を集中してやりきる体験、他の人のがんばっている姿を見てお互いが高め合う体験、自分の役割を持ち責任を果たす体験など、様々な体験の場となっています。社会に認められるための礎となっています。

 
 
 

・遊びや行事体験でのSST
asobi01日々生では、遊びや行事体験を人との関わりの広がりを目的として行っています。
日々生を自分の安心できる居場所だと思えるよう、指導員が遊びや行事を通して仲間づくりの支援をします。楽しみながら仲間とともに過ごすことで、仲間との絆を深めます。
また、人から認められた体験や人とのトラブルを解決する体験を積み上げることで、人とのかかわり方を学びます。人との関わりの楽しさを体験したり、認められる体験をすることで、人と関わりを広げる支援をします。

一人ひとりの発達段階をスタッフが見極めることにより、本人の力にあったトレーニングを行い、意欲をもって学習に向き合う力を育てます。『必要な情報を場面や文章から読み取る力』や『自分の状況を適切に判断する力』『わからない時に適切に分かる人に尋ねる力』など、学習や日常生活の中で必要なスキルを一人ひとりの能力に合わせた教材を使って、学べるよう支援しています。ワーキングメモリ(考えるために必要なことを覚えておくために必要な力)や視覚から得られる情報を適切に判断する力を高めるために、パソコンを使ったトレーニングやスポーツ活動を取り入れています。また、仲間とともに自己表現をお互いに行うことや、発想力や知識を広げる活動を行います。これらの生活学習力を高める活動を繰り返し行うことで、学習に向き合う力が身に付くよう支援していきます。

臨床心理学を学んだ指導員や、教員資格を持つ指導員、様々な社会経験を積んだ指導員、学生ボランティアなど、いろいろな立場の指導員が関わります。子どもの成長を親身に考え、それぞれの専門分野で研鑽を積んだ指導員が関わり、対人関係や、その時々の課題に一緒に取り組んでいます。これらのサポートを提供することにより、社会で柔軟に活動できる力を育てます。

ご利用のご案内

対象中学生~高校生
※各市町の「放課後デイサービス」の支給決定を受けられた方が対象となります。
サービス提供地域海田町、府中町、熊野町、坂町、広島市、廿日市市、東広島市
時間月~金曜日 
10:00~16:00
土曜日
10:30~12:00
13:00~17:00
※療育プログラムの時間帯については、見学の際にお尋ねください。
費用児童福祉法にかかわる金額
(別途、教材費として一回につき100円いただきます)
事業所所在地〒736-0046
広島県安芸郡海田町窪町10-10
事業所番号3453205043

手続きの流れ

地図
パーキング 5台有(地下)

~交通~
■JR : 海田市駅南口より徒歩3分
■バス : 海田市駅入口前バス停下車徒歩2分

お問い合わせ

ページ上部へ戻る